読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四季こもごも

一度きりの人生において感じたこと、学んだことを記したブログです。

【読書レビュー】凛とした日本人になれ

読書
凛とした日本人になれ

凛とした日本人になれ

この本を読んでみての感想を簡単にまとめてみましたが、上手く書けなかったので、詳しい内容を知りたい方は是非この本を読んでみて下さい。

 

 

 

はじめに

この本は「一般社団法人アジア支援機構代表理事」の池間哲郎さんと「読書のすすめ」店主の清水克衛さんとの対談本です。

 

池間哲郎さんはアジア各国を訪問し、恵まれない子どもたちの支援などを昔から行っている方です。

 

この本は、戦後日本を狂わせた米国の「洗脳」から脱し、「本来の日本人」として生きるためにはどうすれば良いかということが書かれています。

 

 

 失われた「日本人の魂」を取り戻すには??

戦後、日本人はアメリカGHQの洗脳を受けたことにより、愛国心や、「命よりも大事なものの為に生きる気概」といった本来放棄する必要のないものまでも失ってしまいました。

 

 

また僕は、第二次世界大戦中、日本人はアジア各国で悪いことしかしていなかったと思っていました。

 

なのでアメリカが原子爆弾を落としたのも、もしかしたら仕方がないことなのだと、ずっと思ってきました。

 

 

しかしこの本を読んでみると、第二次世界大戦中、日本人がアジア各国で沢山の貢献活動をしていた事実を知りました。

 

 

日本人は昔から本当に高い倫理観公共性を備えていたのだということを知り、この本を読む前より日本のことが好きになりました。

 

 

僕は右翼でも左翼でも何者でもないただの人間ですが、現在の日本人は米国の言いなりとなり「自分たちの国を自分たちで守ろう!」という気概が全くない状態だと言わざるをえません。(※もちろん私も…)

 

 

かつての日本人のように「自分の命よりも大事なものの為に生きる!」という気概を育むためにも、著者のお二人は読書をたくさんすることが必要だと述べています。

 

 

多くの書物に触れ本当の歴史を知ること」、また「過去の偉人の魂に触れること」で、失われてしまった「日本人の魂」をもう一度取り戻す必要があるのだと感じました。

 

 

この本を読むべき人とは??

この本は、以下のような人にオススメしたと思います。

  • かつての日本人がどのように行きていたのかを知りたい人
  • 「自分が生きる意味」「自分の使命」を考えている人
  • 仕事などで悩んでいる人

 

 

 

オススメの本なので、是非みなさんも読んでみて下さい!!

dokusume.com

 

 

 

 

よく読まれています♪ 

shikikomogomo.hatenablog.com

shikikomogomo.hatenablog.com

shikikomogomo.hatenablog.com

 

 



↓↓ご購読ありがとうございます。良かったらこちらをポチッとお願いします(^^)v



青森県 ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

follow us in feedly

 

広告を非表示にする